筋トレ初心者も大会に興味をもってみよう!

コアくん

どうも!コアです。
今回のお話は、筋肉系の大会についてだよ!たくさん開催されてるから理解を深めながら整理しましょう!
マッチョたちの大会って、そんなにイッパイあるの?世の中にそんなに沢山マッチョいないでしょ?!w

ハジメ

コアくん

2013年頃からジワジワと盛り上がり始めて・・・今や空前のボディメイクブーム!マッスル業界は筋肉系の大会で大盛り上がりだよ!

コアくん

友人とか同僚には公表せずに筋トレしている隠れマッチョとかもいるんじゃない?最近のマッチョ数は凄いよ。実は世の中マッチョだらけじゃないかと思うぐらいだよ。
服を着てたら分からない隠れマッチョもいるもんね。

ハジメ

コアくん

服を着ててもマッチョと言われるようになりたいよ・・・・。

筋トレを継続することが出来て理想の身体に近付いて、いつか大会に出ようなんてモチベーションになったときには・・・どの大会を目標にして、どういった身体が評価されて、過去の優勝者はどういった人なのかなど色々気になってくる筈です。

団体について

2017年12月現在、ボディビル・ボディメイクの大会を主催する団体は数多くあります。
団体毎に大会があり、地区・地域に分かれ予選・本選とイベントがあるため、なかなか区別をつけ辛く参加するにも選択肢が多く判断が難しい状況です。

マッチョの大会ってオードリーの春日とか角田さんが出場してたヤツだよね?

ハジメ

コアくん

そうそう!出てたよね!あれはボディビルの大会だね。

全国的にボディビル・フィジーク・フィットネス系のコンテスト(大会)を開催している主要団体は以下になります。

主な団体一覧
・公益社団法人 日本ボディビルフィットネス連盟(JBBF)
・一般社団法人 NPCJ
・一般社団法人 ベストボディ・ジャパン協会
・サマー・スタイル・アワード実行委員会(SSA)
なんだか聞いたことあるような無いような・・・でも無いような。

ハジメ

コアくん

大丈夫!これから順番に説明していくからね!

公益社団法人 日本ボディビルフィットネス連盟

<公式HP:http://www.jbbf.jp/
またの名をJBBF(Japan Bodybuilding&Fitness Federation)、JBBF(ジェイ・ビー・ビー・エフ)と呼ぶのが一般的です。
JBBFには都道府県毎に協会が設立されており、各開催地にある協会が主管となって大会運営を行います。

JBBFでは、「ボディビル」「フィジーク」と呼ばれる競技の大会を開催しています。
それぞれにクラスが設定されており、自身の条件にあったクラスで出場します。

「ボディビル」と「フィジーク」の簡単な違いはこちら
まず大きく違うのは衣装になりますが「ボディビル」はビルダーパンツ(通称ビルパン)と呼ばれる水着になり、「フィジーク」はサーフパンツ(ボードショーツ)が衣装になります。また「ボディビル」は下半身を含む全身の筋肉量とバランスを評価対象になっているのに対し、「フィジーク」は主に上半身全体の筋肉のバランスが評価対象となります。
ボディビル出場クラス
・年齢別:マスターズ/オープン/ジュニア/高校生/社会人
・体重別:55㎏~90㎏級(5kg刻み)+90㎏超級
・身長別:クラシックボディビル
※JBBF主催のボディビルカテゴリーはカナリの種類があります。
※個別の大会ごとにも詳細ルールが設定されています。上位入賞者は何名や予選通過は何名まで等
フィジーク出場クラス
フィジーク出場クラス
・年齢別:40歳以下級/40歳超級/23歳以下級
・40歳以下:①168cm以下級 ②172cm以下級 ③176cm以下級 ④176cm超級
・40歳超級:①172cm以下級 ②172cm超級
※例えば私の場合ですと40歳以上で身長172㎝以下ですので、40歳超級で172㎝以下級の試合に出場することになります。

JBBFを代表する選手
鈴木 雅(スズキ マサシ)
直近実績:日本ボディビル選手権大会8連覇(2010~2017)
アーノルド・アマチュア・ボディビル選手権80キロ以下級 優勝(2016)

佐藤正吾(サトウ ショウゴ)
直近実績:オールジャパンメンズフィジーク選手権大会オーバーオール※3連覇(2015~2017)
世界選手権大会 フィジーク173㎝以下級 2位(2017)
※オーバーオール=各階級の優勝者の中から、さらに優勝者を決定

. . 止まれるわけないから 追われる日々追い越し 終わらない旅に。

佐藤 正悟/SHOGO SATO🇯🇵さん(@shogosato1231)がシェアした投稿 –

二人ともカッコイイよねぇ〜。カッコ良すぎるよねぇ。

ハジメ

コアくん

JBBFにはまだまだカッコイイ選手が沢山いるんだけど・・・止まらなくなっちゃうから。

筋トレブームの火付け役と言っても過言ではないYouTuberのカネキンさんが今年出場したことで話題になったのもJBBF主催のフィジーク競技になります。

コアくん

やっぱりもう一人だけ紹介させて!!w

湯浅幸大(ユアサ ユキヒロ)
直近実績:オールジャパンメンズフィジーク選手権大会 172㎝以下級 優勝
世界選手権大会 フィジーク170㎝以下級 4位(2017)

Yukihiro Yuasaさん(@kingyuasa)がシェアした投稿

コアくん

カッコイイよねぇ〜湯浅選手・・・憧れだね。

湯浅選手は、このインスタのコメントで2018年にIFBB※プロのフィジーク選手を目指すことを発表されました。

※IFBBについては後述いたします。

JBBFにはカッコイイ選手がまだまだ沢山いますが、その紹介はまた別の機会でしますので先に進めますね。

注意
JBBFでは、入れ墨・タトゥーが入ってる方の参加はできません。
※専用のコンシーラーで隠せるサイズの場合はOK

一般社団法人 NPCJ

<公式HP:https://npcj.jp/
呼び方はNPCJ(エヌ・ピー・シー・ジェイ)、全国規模でフィットネス関連の大会を開催している団体になります。各都道府県に協会などの支部はなくNPCJが直接大会を運営しています。
2017年は計12回の大会を開催しており、コンテスト名が英語標記になっているのが特徴的です。例えば2017年5月13日に開催された東京での大会は「BLAZE OPEN」、宮城県仙台市開催の大会では「NORTH JAPAN OPEN」となっています。

また年間最後の大会名は「WORLD LEGENDS CLASSIC」と銘打たれ、各大会で上位入賞した選手のみが参加権利(クオリファイ)を持つ年間チャンピオンを決める大会になります。
※先日、11月19日に開催された「WORLD LEGENDS CLASSIC」は大盛り上がりでしたね。JBBFの大会とはまた少し違った雰囲気とカッコ良さがあります。

MEMO
ゲストポーザーに、世界で活躍する日本人唯一のプロボディビルダー「山岸秀匡」選手が登場されたのも凄いですね。


※ゲストポーザーは、大会の競技と競技の間にイベント的要素としてポージングを披露し盛り上げるためのゲストになります。知名度や人気・実績がないと成り立たちませんので人選が重要ですね。

NPCJもJBBFと同じく「ボディビル」と「フィジーク」競技の大会を開催しています。
もちろんクラスが設定されており、自身の条件にあったクラスへ参加する訳ですが、JBBFと違いNPCJは「フィジーク」競技のカテゴリーが非常に充実しています。

カテゴリー数
NPCJ
「ボディビル」 < 「フィジーク」
JBBF
「ボディビル」 > 「フィジーク」
※こんなイメージですね。

ボディビル出場クラス
・ボディビルマスターズ(40歳以上)
・ボディビル(40歳未満)
フィジーク出場クラス
年齢別(40歳以上/40歳未満/キッズ/ファミリー/ノービス)
・メンズフィジーク①-170cm ②-175cm ③+175cm
・アスリートモデル①-172.5cm ②+172.5cm
・クラシックフィジーク
※NPCJではノービスというエントリークラスが存在します。参加資格は過去大会で6位以内の実績が無い方になります。
例えば私の場合ですと40歳以上で身長170㎝以下ですので、メンズフィジークノービス-170cmクラスに出場します。

NPCJを代表する選手
小池 友仁(コイケ トモヒト)
直近実績:2017年WORLD LEGENDS CLASSIC+175㎝級 優勝
※後述するSSAの審査委員もされています。筋トレ系YouTuberでもあり、「Jin(ジン)」の名称で活動されています。

NPCJを代表する選手
廣川 翔一(ヒロカワ ショウイチ)
直近実績:2017年WORLD LEGENDS CLASSIC-170cm級 優勝
同年オーバーオール優勝
※オーバーオール=各階級の優勝者の中から、さらに優勝者を決定

注意
※NPCJでは、入れ墨・タトゥーが入ってる方でも参加可能です。

一般社団法人 ベストボディ・ジャパン協会

モテる身体、細マッチョを世に広めた大会がベストボディジャパンじゃないでしょうか。前述の2つの団体が開催する大会で活躍しているトップ選手たちも元はベストボディに出場していた方は非常に多いです。
※後述のSSA代表の金子賢さんも元はベストボディに出場されてました。

ベストボディジャパンも全国で大会を開催しており、2017年は計37回の大会を主催しています。
またベストボディジャパンのスーパーバイザーには元格闘家の「魔裟斗」さんが当初より就任されていることも有名です。

ベストボディジャパンは公式サイトでもデカデカと謳ってますが、年齢別の大会であることを強調されていますので、他団体と比べ年齢での細分化が図られているイメージです。

ミスターベストボディ
・フレッシャーズクラス(18~29歳)
・ミドルクラス(30~39歳)
・マスターズクラス(40~49歳)
・ゴールドクラス(50歳~制限なし)
ミスターモデル
・フレッシャーズクラス(18~29歳)
・ミドルクラス(30~39歳)
・マスターズクラス(40~49歳)
・ゴールドクラス(50歳~制限なし)

他団体では「ボディビル」「フィジーク」で区別をしていますが、ベストボディジャパンでは「ベストボディ」「モデル」というクラス分けをされています。

違いを凄く簡単に言うと・・・ベストボディは「筋肉量とバランス」モデルは「絞れた身体とバランス」だと解釈しています。
※例えば私が出場する場合にはベストボディのマスタークラスになります。

ベストボディを代表する選手
田口 純平(タグチ ジュンペイ)
直近実績:ベストボディジャパン2015日本大会初代総合グランプリ
IFBBグローバルクラシックチャンピオンシップ2017メンズフィジーク部門 優勝

サマー・スタイル・アワード

<hp:http://s-s-a.jp/
略称はSSA(エス・エス・エー)
俳優の金子賢さんが代表を務めるサマー・スタイル・アワード実行委員会が開催する「身長別のスタイル」を競う大会です。

コンセプトが「身長別のスタイルを競う大会」とのことで、ベストボディ同様にボディビルクラスはありません。

出場クラス
・ビースティ(満19歳以上)①170㎝以下級 ②176㎝以下 ③176㎝超
・スタイリッシュガイ(満19歳以上)①170㎝以下級 ②176㎝以下 ③176㎝超
・ヘラクレス(満40歳以上)
・フィジーク(満19歳以上)
※スタイリッシュガイは筋肉量とスタイルを重視、ビースティはさらに筋肉量を重視し下半身も審査対象とします。
上記に加え、NOVICEやDREAM、ROOKIEなどエントリーできるクラスが非常に多いのがSSAの特徴でもあります。
例えば私が出場する場合には、ROOKIEもしくはNOVICEのビースティになります。

注意
開催される大会によっては身長などの条件・クラスに変動があるようですので注意願います。

SSAを代表する選手
野本護(ノモオ マモル)
直近実績:SSAビースティ176㎝超2015・2016 優勝

注意
タトゥーに関しては、大会規約に下記のようにあります。
・タトゥーのある方は、コンシーラー、ファンデーション等で隠してください。

補足

IFBBとは

IFBB(INTERNATIONAL FEDERATION OF BODYBUILDING&FITNESS)は1946年頃に設立されたボディビルディングの国際的な団体(連盟)になります。

毎年開催されている国際的なボディビル大会でプロ・ボディビル界の最高峰とされる「Mr. Olympia」の主催者になります。

※映画スター・州知事としても有名な「アーノルド・シュワルツェネッガー」氏も「Mr. Olympia」でボディビルダーとして活躍(6連勝)をした一人になります。

Mr. Olympia LLCさん(@mrolympiallc)がシェアした投稿

IFBBとNPCJ

2017年10月30日に一般社団法人NPCJは下記のニュースリリースを出しています。

NEWS RELEASE
NPCJが米国IFBB PROFESSIONAL LEAGUEと単独契約、日本地域におけるプロのライセンスカードの発行と、プロ選手によるワールドクラスのコンテスト開催が決定
※日本におけるプロカードの発行開始と、日本におけるプロ選手参加のワールドクラスのコンテスト開催について、基本契約を締結いたしました。
日本や東アジアでIFBBのプロカードを取得する際の窓口はNPCJになって、プロ選手参加の大会運営を行うのもNPCJになるってことだよね!?

ハジメ

コアくん

そうだね。日本でIFBBプロになるにはNPCJの大会に出る必要があるんだね。

この記事のまとめ

こんなに沢山大会ってやってるんだね。色々ありすぎて選ぶの大変だ。

ハジメ

コアくん

そうなんだよね。団体によって点数の付け方や規定のポーズも違ってたりするから・・・ちゃんと選ばないとね。
えぇ!!ポージングも団体が変わると違うの?

ハジメ

コアくん

サイドポーズでは腰に手を当てないとダメ!当てなくてもイイ!とか微妙なところが違ったりするんだよね。

大会ごとに微妙な違いはありますが、日頃鍛えた身体を披露し同じような想いの方々と肩を並べて戦うことに大きな違いはないと考えています。私もいつかは・・・もしくは来年辺りに出場したいと考えていますが、今のところNPCJのノービスが濃厚です。

あわせて読みたい
身体作りには必要不可欠なプロテインについて説明してます。
筋トレ初心者のためのプロテイン解説!サプリメントを選ぼう!
筋トレ初心者のためのスタートメニュー!